情報処理技術者試験の過去問と解説なら「情報処理試験.jp」
[広告] 身体のケア
桜の情報開花予想千鳥ヶ淵隅田公園弘前公園魚の旬年賀はがき
コンサートワクワク学校アルバム大野智櫻井翔相葉雅紀二宮和也松本潤

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問48
問48   同値分割法と境界値分析によるテスト

 整数 1 〜 1,000 を有効とする入力値が,1 〜 100 の場合は処理 A を, 101 〜 1,000 の場合は処理 B を実行する入力処理モジュールを, 同値分割法と境界値分析によってテストする。 次の条件でテストするとき,テストデータの最小個数は幾つか。

〔条件〕

@ 有効同値クラスの 1 クラスにつき,一つの値をテストデータとする。ただし, テストする値は境界値でないものとする。

A 有効同値クラス,無効同値クラスの全ての境界値をテストデータとする。

ア 5        イ 6        ウ 7        エ 8   【解説】
[←前の問題] [解説を見る] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [情報処理試験.jpのTOP]