情報処理技術者試験の過去問と解説なら「情報処理試験.jp」
[広告] 身体のケア
桜の情報開花予想千鳥ヶ淵隅田公園弘前公園魚の旬年賀はがき
コンサートワクワク学校アルバム大野智櫻井翔相葉雅紀二宮和也松本潤

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問35
問35   伝送遅延時間の計算

 地上から高度約 36,000 km の静止軌道衛星を中継して,地上の A 地点と B 地点で通信をする。 衛星と A 地点,衛星と B 地点の距離がどちらも 37,500 km であり, 衛星での中継による遅延を 10 ミリ秒とするとき,A から送信し始めたデータが B に到達するまでの 伝送遅延時間は何秒か。ここで,電波の伝搬速度は 3 × 108m/秒とする。

ア 0.13      イ 0.26      ウ 0.35      エ 0.52   【解説】
[←前の問題] [解説を見る] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [情報処理試験.jpのTOP]