情報処理技術者試験の過去問と解説なら「情報処理試験.jp」
[広告] 身体のケア
桜の情報開花予想千鳥ヶ淵隅田公園弘前公園魚の旬年賀はがき
コンサートワクワク学校アルバム大野智櫻井翔相葉雅紀二宮和也松本潤

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問14
問14   ホットスタンバイ形式によるクラスタ構成

 ロードバランサを使用した負荷分散クラスタ構成と比較した場合の, ホットスタンバイ形式による HA(High Availability)クラスタ構成の特徴はどれか。

ア 稼働している複数のサーバ間で処理の整合性を取らなければならないので,データベースを共有する必要がある。

イ 障害が発生すると稼働中の他のサーバに処理を分散させるので,稼働中のサーバの負荷が高くなり,スループットが低下する。

ウ 処理を均等にサーバに分散できるので,サーバマシンが有効に活用でき,将来の処理量の増大に対して拡張性が確保できる。

エ 待機系サーバとして同一仕様のサーバが必要になるが,障害発生時には待機系サーバに処理を引き継ぐので,障害が発生してもスループットを維持することができる。

  【解説】
[←前の問題] [解説を見る] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [情報処理試験.jpのTOP]