情報処理技術者試験の過去問と解説なら「情報処理試験.jp」
[広告] 身体のケア
桜の情報開花予想千鳥ヶ淵隅田公園弘前公園魚の旬年賀はがき
コンサートワクワク学校アルバム大野智櫻井翔相葉雅紀二宮和也松本潤

平成26年 春期 基本情報技術者 午後 問07
問07   4問選択

問7 システム移行の作業計画に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 A社の物流部では,物流費管理システムのバージョンアップを予定している。 物流費管理システムは,ソフトウェアパッケージ(以下,パッケージソフトという)と A社用に開発されたアプリケーションソフトウェア(以下,開発ソフトという)から 構成されている。このたび,パッケージソフト及び開発ソフトのバージョンアップ対応版が 準備できたので,物流費管理システムのバージョンアップに関する作業計画を策定することになった。 表1は,バージョンアップに必要な作業の一覧である。

表1 バージョンアップに必要な作業の一覧

 作業       作業内容  作業時間
 (時間)
 必要要因数
   (人)
 先行作業
 No1 物流費管理システムのサービス停止   1   1 −
 No2 物流費管理システムのバックアップ   1   4 No1
 No3 パッケージソフトデータの抽出   1   3 No2
 No4 開発ソフトデータの抽出   1   3 No2
 No5 パッケージソフトデータの変換   1   3 No3
 No6 開発ソフトデータの変換   1   3 No4
 No7 パッケージソフトの新バージョンの導入   2   4 No3
 No8 開発ソフトの新バージョンの導入   1   2 No4
 No9 パッケージソフトの新バージョンと開発ソフトの
新バージョンの単体動作及び連結動作の確認
   3   6 No7,No8
 No10 変換後のパッケージソフトデータのロード   2   2 No5,No9
 No11 変換後の開発ソフトデータのロード   1   2 No6,No9
 No12 変換後のパッケージソフトデータ及び開発ソフト
データの確認
   1   3 No10,No11
 No13 物流費管理システム全体の動作確認及び判定   3   6 No9,No12

設問1 バージョンアップのスケジュールに関する次の 記述中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。

 物流部では,表1を基にアローダイアグラムを作成することにした。図1は, 作成途中のアローダイアグラムである。

図1 作成途中のアローダイアグラム

 図1の作業途中のアローダイアグラムに不足しているのは,ノード への作業 No8 を表す矢線と,ノード7から へのダミー作業を 表す矢線である。

 バージョンアップに必要な一連の作業の最短所要時間を計算すると, 時間となる。

a に関する解答群

ア 5から6      イ 5から7      ウ 6から8      エ 6から9

b に関する解答群

ア 8       イ 9       ウ 10

エ 8 と 9      オ 8 と 10      カ 9 と 10

c に関する解答群

ア 9       イ 10       ウ 13       エ 14       オ 19

情報処理試験.jp


設問2 物流部では,バージョンアップ作業に必要となる要員計画を策定することにした。 要員計画に関する次の記述及び表中の に入れる適切な答えを, 解答群の中から選べ。

 物流部では,6時に作業 No1 を開始し,その後の作業は先行作業が全て完了した時点で すぐに開始できるように作業を配置した。表2に,作成した要員計画表の一部を示す。 表2の“作業”の欄は,該当時刻に開始する作業を表している。

 同じ開始時刻に複数の作業が表記されている場合は,それらの作業を並行して行うことを 意味している。“必要人数”の欄は,その時間帯に必要となる要員数であり, 同じ時間帯に複数の作業を行う場合は,それぞれの作業の要員数の合計である。

表2 要員計画表の一部

 9 〜 10 時の必要人数は 12 人であるが, に開始するなど作業の 時間帯を工夫することによって,全体の作業完了時刻を遅らせることなく,その時間帯の 必要人数を減らすことができる。

 物流部では,全体の作業完了時刻を遅らせることなく,かつ,時間帯ごとの必要人数を 最少とするように,作業 No5,No6 及び No11 の開始時刻を見直した。その結果, 一連の作業を行うのに必要な最少人数は 人となった。 ここで,要員は全ての作業が行えるものとする。

d に関する解答群

e に関する解答群 ア No5 を 10 時      イ No5 を 14 時      ウ No6 を 7 時      エ No6 を 8 時 f に関する解答群 ア 4     イ 6      ウ 7     エ 8      オ 9      カ 10

情報処理試験.jp


設問3 物流部では,全体の作業完了時刻を早めたいと考えている。 全体の作業完了時刻を 30 分早められる記述として正しい答えを,解答群の中から二つ選べ。

解答群

ア No2 と No9 の作業時間を 15 分ずつ短縮する。

イ No3 と No4 の作業時間を 15 分ずつ短縮する。

ウ No5 と No6 の作業時間を 15 分ずつ短縮する。

エ No10 と No11 の作業時間を 15 分ずつ短縮する。

オ No12 と No13 の作業時間を 15 分ずつ短縮する。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [情報処理試験.jpのTOP]