情報処理技術者試験の過去問と解説なら「情報処理試験.jp」
[広告] 身体のケア
桜の情報開花予想千鳥ヶ淵隅田公園弘前公園魚の旬年賀はがき
コンサートワクワク学校アルバム大野智櫻井翔相葉雅紀二宮和也松本潤

平成20年 秋期 基本情報技術者 午後 問09
問09   CASL

 次のアセンブラプログラムの説明及びプログラムを読んで,設問1,2に答えよ。

〔プログラムの説明〕

 1語のマスクパターンを生成するプログラムである。

(1) プログラムと生成するマスクパターンの対応を表1に示す。

      表1 プログラムと生成するマスクパターンの対応

プログラム名     マスクパターンの生成
 PTN1   最上位ビットから与えられたビット番号までのビットを1,
それ以外を0に設定
 PTN2   最上位ビットから与えられたビット番号までのビットを0,
それ以外を1に設定
 PTN3   与えられたビット番号のビットを1,それ以外を0に設定

(2) プログラムは,ビット番号(0〜 15 )を GR1 に設定して呼び出され, 生成したマスクパターンを GR2 に格納して主プログラムに戻る。

(3) プログラムから戻るとき,汎用レジスタ GR1 の内容は元に戻す。 〔プログラム1〕

PTN1   START
       PUSH    0,GR1
       LAD     GR2,15
       SUBL    GR2,GR1
       LD      GR1,GR2
       LD      GR2,=
       SRA     GR2,0,GR1
       POP     GR1
       RET
       END
〔プログラム2〕
PTN2   START
       PUSH    0,GR1
       LAD     GR2,16
       SUBL    GR2,GR1
       LD      GR1,GR2
       LD      GR2,=
       SRL     GR2,0,GR1
       POP     GR1
       RET
       END
〔プログラム3〕
PTN3   START
       LD      GR2,=
       SLL     GR2,0,GR1
       RET
       END
設問1 プログラム1〜3中の に入れる正しい答えを, 解答群の中から選べ。

解答群

ア #0001      イ #OFFF

ウ #8000      エ #FFF0

オ #FFFF

情報処理試験.jp


設問2 PTN1,PTN2 を使用して,表2に示すマスクパターンを生成する PTN4 を作成した。 プログラム4中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。

      表2 作成したプログラムと生成するマスクパターンの対応

プログラム名      マスクパターンの生成
 PTN4   与えられたビット番号 B1 から B2(15>B1≧B2>0)まで
のビットを0,それ以外を1に設定
 プログラムは,B1 を GR1 に,B2 を GR2 に設定して呼び出され, 生成したマスクパターンを GR2 に格納して主プログラムに戻る。プログラムから戻るとき, 汎用レジスタ GR1 の内容は元に戻す。

〔プログラム4〕

PTN4    START
        ST      GR1,WRK
        LD      GR1,GR2
        CALL    PTN1
        PUSH    O,GR2       ; PTN1 の結果を一時保存
        LD      GR1,WRK
        LAD     GR1,1,GR1   ; ビット番号の調整
        CALL    PTN2
        POP     GR1         ; 保存していた PTN1 の結果を GR1 ヘ
        
        LD      GR1,WRK
        RET
WRK     DS      1
        END

解答群

ア AND GR2,GR1      イ OR GR2,GR1

ウ SLL GR2,0,GR1     エ SRA GR2,0,GR1

オ SRL GR2,0,GR1     力 XOR GR2,GR1


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [情報処理試験.jpのTOP]